水星

水星はすぐに影響を受けて真似する子供みたい

水星の特徴と意味

水星は英語では「Mercury」。
ホロスコープで惑星を表記する時は「Me」になります。

水星は素早い動きをする惑星で月の次に早く動く惑星です。だから同じ日に生まれていても出生時間が違うと分割図では違う星座に移動している事も多く、その場合は違う意味が出てきます。なので分割図を見るときには水星はちょっと注意がいります。

水星にも多くの惑星の意味がありますが、実際に日常で使うものは次のものが多いかな。

水星の象意

言葉・コミュニケーション・お話
好奇心・学習・知能・論理・数学・文章
商売・計算・事務・会計・出版
素早さ・移動・若々しさ・中性
呼吸・神経・皮膚・腸・肺

水星は太陽から28度以上離れることはありません。いつも太陽の近くに水星はいます。なので太陽から見ると必ず1室目・2室目・12室目のどこかにいる、という特徴があります。

当然ながら太陽とコンジャンクトしている事がとても多くなります。だから、太陽と水星のコンビネーションの意味をそのまま自分に当てはめて考えても、外れている事が多いのでご注意くださいませ。

とにかく影響を受けやすい

水星の最大の特徴は何か?
それは『とにかく影響を受けやすい』ということ。

水星以外の惑星は基本的な自分のキャラクターがしっかりあります。だから他の惑星の影響を受けたとしても、金星はやっぱり金星だなぁと思うし、木星はやっぱり木星だな、と思う。

ところが。
水星はものすごく影響を受ける。

影響を受けるとどうなるのか?

一言で言えば『真似っこ』になります。

はやりや流行に流されるがごとくあっという間にすぐに真似をします。ある意味ためらいがない。吉星だろうが凶星だろうがモロに影響をくらって真似をします。良くも悪くも影響を受けます。

水星の意味に『学習』『素早さ』がありますが、影響を受けると、その惑星の特徴を学習して素早く反応する、といった感じです。

なんかちょっとチビッ子みたい・笑

だから水星にはいいも悪いもない中性的な存在で、若々しくもある惑星なんだよね。

若々しいといっても、凶星の影響を受けると『腸』に悪影響が出て『皮膚』の若々しさが弱くなることもありますので、ご注意を。