プロフィール

専門分野について

心理学の経歴

大学では文学部で心理学と教育学の両方を専攻。

卒業は『心理学』専攻

卒業した大学の専攻以外に。
他大学の心理学講師でカウンセラーでもある中嶋先生のもと、約2年間カウンセリングの専門を勉強・研修。

専門は『交流分析』『脚本分析』
そして、それを基本としたカウンセリング

占術の経歴

本屋さんにあるような占術は大体目を通して、マイナーな占術も勉強しました。

そうした中から。
特に時間をかけたものは2つ。

『四柱推命』『西洋占星術』です。

この2つは確かに大変優れた占術です。

ですが。
私の占術と運命学の最大の命題、『双子の運命の違い』
については、残念ながら解明できませんでした。

双子でも性格は違います。
当然たどる人生も違います。

でも、そうしたものが曖昧なままだった。

そこがどうしても知りたかった。

そんな中で。
インド占星術と出会い、衝撃を受けます。

それは。
インド占星術が『双子の運命の違い』に答えられる占術である、という事が分かったからです。

そしてなにより本質的には。
他の占術にない心理分析の手法の見事さ・その緻密さに感銘を受けます

そのおかげで。

占術はインド占星術の一筋に。
その研究と習得に没頭することになりました。

それは現在も進行中です。

鑑定スタイル

私は心理学・カウンセリング畑の人間。

ですから。

『その人の中で形成されてきた心と人格』という視点から、『人の運命・変えがたい障害』を普段から見つめています

その結果として。

次のような鑑定スタイルになっています。

鑑定スタイル
  1. ホロスコープ全般
    ホロスコープで基本的なことを読み解いていく
  2. ナヴァムシャ・月・etc
    深層心理をサーチしていく
  3. 鑑定のテーマを見つめる
    1・2をベースにテーマを解析して鑑定していく

細かく知りたい方は、コチラの記事を参考にしてください。

鑑定のスタイル基本の鑑定スタイル 私は心理学・カウンセリング畑の人間。 ですから。 『その人の中で形成されてきた心と人格』という視点から...

そらってどんな人?

性格

好奇心・探究心が旺盛。
自分の知らないもの・世界につい興味を示します。

興味を持つと。
そのカラクリを知りたくなる。

そこで今度は、探究心・研究心がウズウズ動き出します。

探究・研究し始めると。
つい時間を忘れて没頭してしまいます。

おかげで、時間感覚がないとよく言われます。

没頭して疲れると。
山や海など、自然のある方に行きたがります。

好きな事

散歩しつつ、思索すること。

自然の中で。

ただただ、海を眺めること。
ただただ、空を眺めること。
ただただ、月を眺めること。

あるいはそうした中で。

風を感じること。
はだしで歩くこと。
水の中に潜ること。
山に入っていくこと。

身近な日常では。

音楽を聞くこと。
楽器を演奏すること。
料理すること。

好きな音楽

クラシック音楽。
ボサノヴァ・ラテン系音楽。
世界各地の地域の音楽。

クラシック音楽でよく聞く作曲家は。
アルベニス・リスト・ベートーヴェン・ショパン・モーツァルト・ピアソラ、かな。

ラテン系・世界各地の音楽は。
わりと人や地域にこだわらずに、好きな曲を気分によって聞いてます。

楽器

楽器をいじること自体が好き。

「きちんと演奏できる」楽器は。
クラシック・ギター、エレクトーン、トランペットかな。

ピアノはさわれる程度。
きちんと弾けるようになりたい、と憧れている楽器のひとつ。

最近はウクレレを始めました。

料理

料理を作ることも好き。

家業の料理屋を手伝っていたので、料理の腕はそこそこになってしまった。

新しいものを作ってみたくなる。
そのために、ついつい創作料理が多くなる。

ちなみに。
我が家の料理は私が担当。
創作料理の犠牲者はパートナーと私・笑

好きな食べ物・食材

辛いものと海鮮系が大好き。
好きな食べ物と食材は無国籍やなぁ。

辛い系では。
インド系カレー。エビチリ。四川風麻婆豆腐。

日常系では。
野菜炒め。創作パスタ。鳥料理。

好む食材は。
海鮮類。豆腐。きのこ。ナッツ。香辛料。ごま。かつおぶし。etc。

好きな作家

原田宗典。夢枕獏。宮本輝。

苦手なもの

人込みがどうにも苦手。

何故だか目が痛くなってくる。
んで、目が開けにくくなってくるんだよね。

歩きにくくて、しょうがない・笑

身近な願い

”あちらこちらを旅したいなぁ”

って、よく思ってます。

”人気の少ない所で
 周りを気にせずに
 気のむくままに楽器を弾いて
 のんびり暮らせたらいいなぁ”

とも願っております。