土星期

土星期の不思議なスピードの落ち方

全体にゆっくりになる

土星期の特徴のひとつ。
それはやっぱりスピードが落ちる事かな。

土星には『ゆっくり・遅れる』って意味がある。

その意味の通りに土星期は全体に何もかもがゆっくりになる。あるいは遅れがちになる。

ゆっくりやっているわけではない。
今まで通りにやっているつもり。

なのになぜだかゆっくりになる。

本人の感覚からすれば『ゆっくり』どころじゃない。なにもかもが『遅れがち』になってしまったように感じてしまう。

ほんとにもう、気が気ではない状態になる。

周りの人の対応もゆっくりになる

ポイントの1つ。
それは『今までと同じようにやっているはずなのに』、なんだよね。

今までと同じようにやっているのに、
「仕事がスムーズに終わらない」
「なかなか結果が出てくれない」
「なぜだかミスが出て遅れてしまう」

そんな感じで。
全体がゆっくりになる。
全体が遅れがちになる。

ポイントがもう1つある。
こちらの方がむしろ重要かもしれない。

『周りの人の対応もゆっくり・遅れがちになる』ということだ。

「周りの人になかなか評価してもらえない」
「周りの人になかなか承諾してもらえない」

そんな感じで。
周りの人の対応も全体がゆっくりになる。
周りの人の対応も全体が遅れがちになる。

これは何とも不思議なこと。

そんなアホな、と思うかもしれない。
けれども実際に土星期の人に対して、周りの人の対応はゆっくりになる。

評価もゆっくり・遅れがちになる。
承認もゆっくり・遅れがちになる
場合によっては支払いすらもゆっくり・遅れがちになる。

自分の行動や事柄だけならまだわかる。
だけど周りの人の自分への行動も認識も対応もゆっくりになる。

これがキツイ。

自分の分+人の分でのスピードダウン。
ダブルパンチをくらってのスピードダウン。

だから土星期の人の気持ちとしては。
ものすごくスピードがダウンしたように感じる。

今までのスピード感覚からすれば、3分の1くらいのスピードに感じると思う。

いやぁ。
もっとだろうね。

土星の特徴は大人の円熟の味わい土星の意味 土星は英語では「Saturn」。 読み方は「サターン」です。 ホロスコープで惑星を表記する時は「Sa」となります。 ...