土星期

土星期を制限かけて最大限に味わう2

華やかさに乗らなかった土星期

こちらはMさんのホロスコープ。

土星は10室に在住。
10室には定座の金星も在住。

土星期は10室なので目立つ時期。
定座の金星が強い華やかさを添えて、土星を後押ししています。

実際にMさんは、様々な業界のトップクラスの人たちから、仕事上の引き抜きの話が多くありました。

そんな華やかな土星期の中。
Mさんは、そうした話に乗ることはありませんでした。

Mさんの選んだ道。
それは何だったのでしょうか?

彼女の選択した道

土星は7室の支配星。
7室はパートナーも表します。
土星は年配の方も表します。

Mさんの土星期には。
華やかな人間関係の中から、一人の人物をパートナーに選びます。

そして。

自分からひと回り年齢が上のパートナーと過ごす時間、これをMさんは選択したのです。

華やかな人間関係。
その中から選ばれた人物。

当然ながら、業界では名の知れた人。

Mさんからその人となりを伺うと。

パートナーは仕事場では責任のある位置にある人で、かなりの人を動かして仕事をしている、とのこと。

ふむふむ。
これは、なるほどです。

でも、ただそれだけではなく。
実に深みのある味わいのある人、とも仰っていました。

少し機会があって。
私もある時にこのパートナーにお会いしました。

とても落ち着いた大人の魅力を持つ人でした。

土星の持つ様々な円熟の魅力。
こうした魅力を、パートナーに選んだ人が、他の人にないくらい存分に持ち合わせていたのです。

Mさんは、その円熟された魅力を味わうことに一番の魅力を感じ、パートナーとの時間を最優先にしたために、引き抜きの話に乗らなかったのです。

一点張りで味わう

土星はそもそも制限がかかる惑星。
ラーフや木星のように、あれもこれも、ってことができない。

だから。
仕事上での華やかさを放棄した。

そして。

Mさんはパートナーの一点張り。
そういう形で、自ら制限を課しました。

制限をかけて限定することで、土星期を最大限に自分のものにしました。

パートナーとの時間を最も大事にして。
共にじっくりと味わい、深い時間を過ごす、そんな土星期を選んだのです。

大人の人間関係ですね。
土星期の良い味わい方がよく出ています。

土星期って制限がかかってしまう。

でも。
こうした一点張りをすると。

Mさんみたいに、じっくりとした土星期を味わえたりもします。

土星の特徴と魅力はコチラをどうぞ。

土星の特徴は大人の円熟の味わい土星の意味 土星は英語では「Saturn」。 読み方は「サターン」です。 ホロスコープで惑星を表記する時は「Sa」となります。 ...