土星

土星の特徴は大人の円熟の味わい

土星の意味

土星は英語では「Saturn」。
読み方は「サターン」です。
ホロスコープで惑星を表記する時は「Sa」となります。

土星はインドの言葉では「シャニ」。
私は何となく響きが好きなんだけど、実際に使う機会は普通はないです・笑

土星は太陽を約29.5年で一周します。
インド占星術で使う惑星の中では土星が一番動きが遅い惑星になります。

土星にも多くの惑星の意味があります。
私が割とよく使うものは次のものかな。

土星の意味

謙虚・誠実・真面目・勤勉
制限・制約・縮小・遅れ・ゆっくり
責任・試練・障害・忍耐
病気・障害・トラブル・悲しみ
老い・老成・安定・じっくり
民主主義・使用人

土星の良い意味も出来るだけ入れてみました。

酸いも甘いもかみしめて

土星は凶星の中でも意味が苦しめのものが多い特徴があります。そのおかげで印象もどうにも良くない惑星です。

でも人生を深く味わいたいなら。
良い土星の影響が必要になると思う。

そうだなぁ。
恋愛と結婚の違いなんかはそうかもね。

付き合ってて楽しいしワクワクする。
けど本当に苦しい時はちょっと逃げ腰。

付き合ってて派手さはない。
けど酸いも甘いも一緒にかみしめて、じっくり腰を据えて付き合ってくれる。

どちらがいいのかは人の好み。
だけど、人生を一緒に深く味わえる相手は後者、じゃないかな?

んで。
後者が土星のタイプです。

確かに土星はスピードが遅いだけあって、何かを達成させるまでに時間がかかる。でもその分じっくりと熟成されて深くなる。そういう特徴があります。

そして一旦達成させると。
熟成されて深くなっている分だけ、いろんなものに融通が利かせられるようになる。そんな特徴もあります。

何らかを達成している人は、良い土星の配置の人を持っている人が多い。

名わき役なくしてドラマは盛り上がらない。
土星はまさにそんな役どころ。

土星、しぶくてええわぁ。