太陽

太陽と水星のコンビ4 水のアセンダント

太陽と水星の支配星座

太陽と水星が支配してる星座は以下の通りになります。

太陽は獅子座を支配します。
水星は双子座・乙女座を支配します。

この太陽と水星が、コンジャンクトしてコンビを組んだ時。

蟹座アセンダント。
蠍座アセンダント。
魚座アセンダント。

これら3つの水の星座のアセンダントの場合には、どんな特徴があるのかをそれぞれ見てみましょう。

水のアセンダント3つ

蟹座アセンダント

蟹座アセンダントの人の場合。

太陽は2室を支配します。
2室は『収入・食事・家族』などを表します。

水星は3室・12室を支配します。
3室は『旅行・会話』を表します。
12室は『異国・出費』などを表します。

このことから。
太陽・水星のコンビそのものには、『家族で旅行』『食事での会話』『異国からの収入』『収入と出費』などの意味合いが出てきます。

蠍座アセンダント

蠍座アセンダントの人の場合。
太陽・水星コンジャンクトは、なかなかラッキーなコンビ

太陽は10室を支配します。
10室は『仕事・行動』などを表します。

水星は8室・11室を支配します。
8室は『変化・突然・予期しない出来事』を表します。
11室は『収入・上昇・獲得』を表します。

このことから。
太陽・水星のコンビそのものには、『仕事の獲得(就職)』『仕事上の収入』『昇進』『行動の変化(役職の変化)』などの意味合いが出てきます。

水星は8室の支配星でもあります。
このことから、上に述べたような出来事が『突然』起きたり、『予期していない方向での出来事』として起きたり、という側面も併せ持つ可能性を秘めています。

とは言え。
10室と11室のコンビネーションは仕事上にはとてもよいコンビです。良い方向の変化になりそうですね。

魚座アセンダント

魚座アセンダントの人の場合。

太陽は6室を支配します。
6室は『努力・労働』などを表します。

水星は4室・7室を支配します。
4室は『家・母親』を表します。
4室は『対人関係』を表します。

このことから。
太陽・水星のコンビそのものには、『家に対する努力(家のローンとか)』『頑張る母親』『対人関係上の努力(中間管理職とか)』などの意味合いが出てきます。

水星は4室・7室を支配しています。
1室・5室・9室に在住していれば、ラージャ・ヨーガを形成して、成功の印となってくれます。

4室・7室に在住していれば。
水星はバドラ・ヨーガを形成します。
これは、水星の示す『理解能力・会話能力・論理性・文章能力』などの能力が最大限に発揮できる配置となり、とても良い印となります。

このコンビが6室・8室・12室に在住する場合、ヴィパリータ・ラージャ・ヨーガとして、逆転して良くなる可能性を秘めることになります。

ヴィパリータ・ラージャ・ヨーガは、こちらを参照してください。

ドゥシュタナは両極端になる2大逆転のコンビネーション 『ドゥシュタナ』は苦しみが多い。 けど良いことも起こりえる。 そうした特徴を少しお話しました。 ...
ドゥシュタナは両極端になる3日本とドゥシュタナ こちらは日本のホロスコープ。 (rectified by K.N.Rao,D.Bisaria,S.S...