太陽

太陽と水星のコンビ3 風のアセンダント

太陽と水星の支配星座

太陽と水星が支配してる星座は以下の通り。

太陽は獅子座を支配します。
水星は双子座・乙女座を支配します。

この太陽と水星がコンジャンクトしてコンビを組んだ時。

双子座アセンダント。
天秤座アセンダント。
水瓶座アセンダント。

これら3つの風の星座のアセンダントの場合、どんな特徴があるのかを順番に見てみましょう。

風のアセンダント3つ

双子座アセンダント

双子座アセンダントの人の場合。

太陽は3室を支配します。
3室は『会話・旅行・移動』などを表します。

水星は1室・4室を支配します。
1室は『自分自身』を表します。
4室は『家・乗り物・安定』を表します。

このことから。
太陽・水星のコンビそのものには、『会話能力』『安定した会話』『旅行との縁』『乗り物での移動』『引っ越し』などの意味合いが出てきます。

太陽・水星コンビの配置がよければ、ラージャ・ヨーガやダーナ・ヨーガを形成して、良くなる可能性を秘めています。

具体的には。
1室・2室・4室・5室・9室・10室・11室に、太陽・水星コンビが入っていれば、良い印となってくれます。

天秤座アセンダント

天秤座アセンダントの人の場合。
太陽・水星コンジャンクトは、なかなかラッキーなコンビになります。

太陽は11室を支配します。
11室は『収入・獲得』を表します。

水星は9室・12室を支配します。
9室は『幸運』を表します。
12室は『外国・病院・支出』を表します。

11室と9室のコンビから、ダーナ・ヨーガを形成して『収入の幸運』として、金運に恵まれるコンビです。

水星は12室の支配星でもあります。
これから、外国関係・病院関係での収入の可能性があります。

ただ12室には『支出』もあります。
ですから配置次第では、『収入もあるけど支出もある』、という場合も出てくる可能性も秘めています。

水瓶座アセンダント

水瓶座アセンダントの人の場合も。
太陽・水星コンジャンクトは、なかなかラッキーなコンビ

太陽は7室を支配します。
7室は『人間関係・結婚・ビジネス』などを表します。

水星は5室・8室を支配します。
5室は『発展』を表します。
8室は『突然・予期しない出来事』を表します。

7室と5室のコンビとして、ラージャ・ヨーガを形成して、『人間関係上の発展』『結婚への発展』『ビジネス上の発展』といった事柄での成功の印となってくれます。

水星は8室の支配星でもあります。
このことから、こうした出来事が『突然』起きたり、『予期していない方向での出来事』として起きたり、という側面も併せ持つ可能性を秘めています。