月アセンダント

出生時間なしでホロって読める?辻井伸行さん4

水星と月が示す演奏スタイル

コチラが辻井伸行さんのムーンチャート。

10室の支配星の水星。
そしてこの水星とコンジャンクトしている月。

この2つの惑星の関連から。
辻井さんの仕事であるピアノ演奏、その曲目や演奏スタイルの特徴をよく示しています。

この辺りを見てみましょう。

バドラ・ヨーガと演奏技術

水星は1室でバドラ・ヨーガを形成しています。

バドラ・ヨーガによって、手先の器用さ・神経の細やかさ・知性の高さ・素早い反射能力、等の意味がでます。

『バドラ・ヨーガと辻井さんの特徴』は、こちらを参照してください。

出生時間なしでホロって読める?辻井伸行さん2辻井伸行さん:ムーンチャート こちらが、盲目のピアニスト辻井伸行さんのムーンチャートになります。 このムーンチャートから...

この水星は10室支配星。
つまり仕事の特徴にもなります。

クラシック音楽のジャンルでは、このバドラ・ヨーガがとても有効に働きます。

というのは。
まずは楽譜を忠実にコピーする能力が大前提にあるからです。

水星はコピー能力でもあります。
バドラ・ヨーガはそれが最高峰の状態になる、と言えます。

辻井さんは小さい頃から、耳で聞いたものをすぐにコピーして演奏していたそうです。

なるほど、です。

ロマン派・印象派と月の関係

しかし。
辻井さんが好んで演奏する曲。

それは、ショパンやドビュッシーといった、ロマン派や印象派の作曲家の作品・曲目です。

簡単に言えば。
情緒性や繊細さが必要な曲がお好きなようなのです。

となれば。
手先の器用さとコピー能力だけではちょっと足りません。

ここで重要な役割を果たしている惑星。
それが『情緒性・繊細さ・感受性』を示す月なのです。

10室の支配星の水星。
これと月はコンビネーションを組んでいます。

このコンビネーションによって。

『手先の器用さ・素早い反射能力』を活かしながら、『情緒性・繊細さ』もその中に盛り込んでゆく、という演奏スタイルの特徴が読み取れます。

なるほどショパンやドビュッシーが好きなわけだ、と納得しきり。

ムーンチャートで読めた理由

こうして見てみると。

辻井さんの場合。
月は収入と仕事としてのカギとなる惑星。

それだけではなく。
ピアニストとしての特徴も、この月がカギとなっています。

なるほど。

辻井さんは、ムーンチャートで特徴がよく出ているのは、『月』がとてもカギとなる惑星だったからなのですね。

というのも。
仕事に関しては、一般的には太陽ラグナで特徴がよく出るからです。

有名人は特にその傾向があるかな。

 

ムーンチャートとその読み方について

辻井伸行さんの仕事に関する特徴。
『音楽の仕事と収入』に関しては、こちらの記事をどうぞ。

出生時間なしでホロって読める?辻井伸行さん3辻井伸行さん:ムーンチャートと仕事 今回は辻井伸行さんの仕事。 『ピアニスト』が出てるものなのか。 その辺りを。 ムーンチャ...

『ムーンチャート』そのものに関しては、こちらの記事をどうぞ。

出生時間がわからなくてもホロスコープは読める?月をラグナとする見方 インド占星術でも。 西洋占星術でも。 出生時刻が分からない場合。 ホロスコープは読めないとよく言われま...