7室 結婚

婚期は金星からの7室もアリ

結婚の時期

結婚の時期を見る時には、基本的には7室を見ます。

ラーシ・チャクラ(基本ホロスコープ)をD1と呼びます。このD1のアセンダントからの7室を見るのが、オーソドックスな婚期の見方のひとつです。

これは西洋占星術でも使われます。

インド占星術では、これよりも婚期がハッキリと出る裏のホロスコープと言えるナヴァムシャ(D9)が存在します。D9でも、アセンダントからの7室を見ます。

他にも婚期を見る方法があります。
その中で意外に使われていないけど、結構分かりやすく婚期が出る見方があります。

それは。
結婚を見る時には金星から見た7室を見る、という方法です。

実際に、以前お話したSさんの結婚した時期を見てみましょう。

Sさんの婚期

Sさんのホロスコープです。
(Sさんに関しては以下のページを参考にしてください)

7室金星の結婚運はちょっとビミョー7室の金星は結婚運がいい? 金星は結婚を表す惑星。 7室も結婚を表すハウス。 だったら。 金星の7室ってめっちゃ結婚運いいの...

金星から見て7室は蟹座。
蟹座の支配星は月になります。

Sさんは2度結婚をしています。

1度目の結婚の時期。
この時は、アンタル・ダシャが月の時期でした。

2度目の結婚の時期。
こちらも、アンタル・ダシャが月の時期でした。

Sさんは結婚の時期が、なんと2回とも、金星からの7室の支配星の月の時期でした。

こんな感じで。
金星から見た7室が直接婚期として出る場合が割とあるんですよ。