4室 幸せ・住居・母親

幸せを感じているかは4室で・4

4室に凶星の影響のみ

居場所のない心もとなさ

こちらはOさんのホロスコープ。
4室(4ハウス)を見てみましょう。

4室は牡羊座。
4室には火星がアスペクト。
木星・金星・月・水星などの吉星の影響はありません。

4室には凶星の影響のみです。

さて。
これまでのOさんの人生。
全般として、恵まれた環境で暮らしてきました。

しかし。
本人の気持ちとしては。

いつも居場所がないような心もとなさ、そうしたものを感じて、生きてきたそうです。

こういった感じ。
これが、4室に凶星の影響のみ、という状況の感覚のようです。

切ないループ

Oさんは、その心もとなさを埋めようとして、いつも仕事に打ち込んでいた、と言います。

それは。
10室の火星が物語っています。

10室の火星。
この配置はとても一生懸命に働きます。

そして。

10室は『行動』のハウス。
火星は『激しさ』という意味もあります。

ですから、仕事以外でも何かと激しく行動してきた、ということが伺えます。

けど。
どこかに満たされない感があった。
居場所がないような心もとなさがあった。

だからこそ。

満たされない感を埋めるために。
居場所を手に入れるためにも。
なおさら仕事も行動も一生懸命に取り組んできた。

それでも。
満たされない。

満たされないから。
また、がむしゃらに動いてしまう・・

なんだか、切ないループになっていますね。

幸せ感をプラスしてくれる要素

とは言え。
4室が凶星の影響のみ、ってことで。
幸せ感が全くない、と単純になるわけではないんです。

重要だけど、幸せ感をはかるパラメーターのひとつ。

他にも。

幸せ感をプラスしてアップしてくれる
そういう配置があります

例えば。
1室・7室に吉星が在住している場合。

この要素も。
幸せ感をプラスしてくれます。

ケーンドラに在住の吉星、というパワーですね。

例えば。
5室・9室に吉星が在住している場合。

この要素も。
幸せ感をプラスしてくれます。

これは、トリコーナに在住の吉星のパワーですね。

例えば。
4室に影響している凶星。
これが、機能的に吉星の要素がある場合。

この要素も。
幸せ感をプラスしてくれます。

例えば。
D9(ナヴァムシャ)での配置。
これが良い場合。

この要素も。
幸せ感をプラスしてくれます。

4室が凶星の影響だけでも

例えばこんな感じ。
こちらはTさんのホロスコープです。

ざっくりと見てみますね。

4室には火星がアスペクト。
他の吉星の影響はありません。

この配置はOさんと同じ。

ということは。
幸せ感は薄くなる、と考えられます。

でも。
Tさん、それほど幸せ感がないわけでもない、そうです。

よ~~く見ると。

火星は5室の支配星。
トリコーナの支配星です。

これが、幸せ感をプラスしてくれています。

他の惑星の配置も、少し加えて見てみると。

5室に木星が在住。

これはトリコーナの吉星。
ですから、これも幸せ感をプラスしてくれます。

木星が1室にアスペクト。
これも、幸せ感をプラスしてくれます。

こんな感じで。
D1の4室に凶星の影響だけでも。

他の要素から、幸せ感をプラスしてくれて、全体としては幸せ感がアップしている場合もあったりします。

ケーンドラについては、こちらをどうぞ。

ケーンドラの吉星は人生を安定させるケーンドラは人生の主要テーマ ホロスコープを見る時。 真っ先に見るのは1室になります。 それは1室が自分自身(その人自身)を示...

トリコーナについては、こちらをどうぞ。

トリコーナは人生を豊かにしてくれる13つ目に見るファクター ホロスコープを見る時には順番があります。 まずは1室を見ます。 これで自分自身の健康やキャラクターが分...