D9 ナヴァムシャ

運命を分けてしまう出生時間かも 時刻修正5

出生時間が1分進むと

こちらのホロスコープの持ち主。

ナヴァムシャでは牡羊座アセンダント。

でも1分出生時間が進むと。
牡牛座アセンダントになってしまいます。

では牡牛座アセンダントの場合。
一体どんな感じになるのでしょうか。

牡牛座アセンダント

金星と1室

1室の支配星は金星。
金星は減衰しています。
その金星は5室に在住。

1室は自分自身を表します。
金星は恋愛・芸術などを表します。

5室は恋愛・創作・子供などを表します。

ですから。
まず恋愛に対する意識は高そう

でも金星は減衰しているからね。
恋愛では、うまく相手に頼ったり甘えたりするのは、ちょっと奥手で不器用かも。

そうしたうまく出せない気持ち。
そこから、創作活動で音楽や芸術関係に打ち込んで気持ちを転換・昇華させようとする傾向も、出やすくなってきます。

あるいは後には。
子供に対する意識の高さ、として出てくる可能性もあります。

ふむふむ。
減衰がゆえにシャイだけど、かえって多才な感じ、なのね。

水星と7室

5室支配星の水星。
水星は7室に在住。

5室は気持ちでもあります。
7室は結婚・パートナーを表します。
水星は言葉・会話・若々しさを表します。

この配置からも、『気持ちが結婚やパートナーに向かっている』、という事が読み取れます。

水星はラージャ・ヨーガを形成。
ですから、結婚に関しては結構スムーズにいきそうです。

水星の影響で会話も弾みそう。

それに7室に若さの水星。
相手は瑞々しい系のイケメンやキュートな人の可能性もあります。

いやいや。
良かったの~。

火星の9室

火星は7室の支配星。
火星は『幸運』の9室に在住。
火星は高揚して強い。

7室の示す結婚が9室と絡んでいます。
しかも火星で高揚して強い。

これは、結婚やパートナーに関してはかなりラッキーなことが伺えます。

火星は情熱の惑星。
パートナーはかなり情熱的なタイプの可能性もあります。

いやいや。
これは、どうにもアツアツかな。
ほっほっほっ。

牡牛座のざっくりまとめ

さて。
他にも色々と読み取れますけど。
ま、これくらいにしておきましょうね・笑

牡牛座アセンダントの場合。

恋愛・結婚を意識してる人生。
でもシャイなので恋愛は奥手ぎみ。
その気持ちを昇華させるかのように、創作活動などに打ち込みやすい。

恋愛はシャイで奥手っぽいけど。
結婚やパートナーにはかなり恵まれます。

パートナーはイケメンやキュートな人。
だけど実はかなりの情熱家。
実際はぐいぐい引っ張ってくれたり、めっちゃラブラブだったりの関係になりそう。

こんな感じの人物像と運勢が、浮かび上がってきます。

なんか。
ええ感じやね。

D9アセンダントの違い

こうして見てきたように。
ナヴァムシャでのアセンダントが違う場合でも。

一方は『仕事中心の人生』
一方は『恋愛・結婚を中心とした人生』

といったように。
全く違った人となりや運勢となって現れてきます。

つまりナヴァムシャでも。
出生時間が1分違ってしまうと。
こうも人格も運勢も変わってくるものだったりします。

その場合もやっぱり。
ホントに運命を分ける出生時間、ってことになります。

補足:分岐点の度数

ナヴァムシャのアセンダントが変わる度数
  1.  3°20
  2.  6°40
  3. 10°00
  4. 13°20
  5. 16°40
  6. 20°00
  7. 23°20
  8. 26°40

この度数の近くにある方の場合。
実はナヴァムシャのアセンダントが変わる可能性があります。

D1のアセンダントは変わらなくても。

もしかしたら。
ナヴァムシャでアセンダントが変わって、違う運勢を持っているかも?