惑星:アラカルト

減衰キャンセルの持つすごい飛躍力

減衰は時として大飛躍も

凶星の影響はみんな敬遠したい。
色々な惑星が凶星との絡みが多いと、ホロスコープを見た時にやっぱりへこむもの。

「私の人生大変なのかも」って。

そりゃそうだよね。
凶星の存在は消しようがないから、せめて単独で静かにしていてほしいもの・笑

それと同じくらいへこむ存在。
それは『減衰』なんじゃないかな。

吉星の減衰はそう。
特に金星の減衰はへこむかも。
なんか見た段階で気持ちが”し~ん”。

「人生終わったかも・・」って。

でも。
実は減衰は結構キャンセルされます。

しかもそれだけじゃない。
減衰惑星をいくつも持っていて大飛躍を遂げた成功者は結構います。

そうした成功者のホロスコープは、パッと見ると、とても成功者に見えないホロスコープ、だったりします。

減衰がキャンセルされると。
場合によっては、普通の強いホロスコープのラージャ・ヨーガよりもはるかに強烈に作動します。それによって、ものすごい大飛躍して成功をする事があります。

これは減衰のキャンセルのとても興味深い特徴です。

火星の減衰なのにスポーツで神様戦いと火星 火星と言えば力・闘争・戦いの惑星。 だから火星が強いと基本的に元気になる。 確かに火星が強いとパワフルだ。 負け...

減衰キャンセルでの大飛躍の例

減衰がキャンセルされることを『ニーチャ・バンガ』と言います。

『ニーチャ』は減衰という意味。
『バンガ』はキャンセルという意味。

そのまんまですね・笑

今回はニーチャバンガの例をひとつ。

これはバスケの神様と呼ばれたマイケル・ジョーダンのホロスコープです。

減衰惑星が2つもあります。
火星と月とが減衰しています。

スポーツ選手で戦いの火星が減衰。
気持ちが強くなければいけないのに月が減衰。

そのまま読めば致命傷のような減衰。
とてもスポーツ選手のホロスコープとは思えません。

でも確かに世界的に有名なバスケットバールの選手なのです。

このホロスコープにはニーチャバンガがいくつもあります。今回はその中で最も特徴的なものを挙げます。

よく見てください。
月と火星はエクスチェンジしています。

減衰のキャンセルにこのようなものがあります。

減衰した惑星が
在住している星座の支配星と
星座交換しているとき
ニーチャバンガになる。

火星は減衰しています。
火星は蟹座に在住。
蟹座の支配星は月です。
火星と月は星座交換しています。

これによって火星は減衰がキャンセルされます。

月は減衰しています。
月は蠍座に在住。
蠍座の支配星は火星。
月と火星は星座交換しています。

これによって月は減衰がキャンセルされます。

マイケル・ジョーダンのニーチャバンガ。
減衰の火星と月の両方が星座交換する事で、一気に2つともがキャンセルされています。

神様にまで押し上げた配置

このニーチャバンガが大飛躍させてくれたのは、この配置の持つ他の特殊な特徴にもあります。

月をラグナとして見ると。
月と火星は1室と9室のイクスチェンジになります。

ラオ先生は「1室と9室のイクスチェンジは世界的に有名になるコンビネーション」と言っています。

つまり、火星と月の減衰のキャンセルが、この世界的に有名になれるコンビネーションと絡んでいるわけです。

これがマイケル・ジョーダンを大飛躍へと運んでくれた違う側面というわけですね。

いやはや。
減衰のキャンセルはトリッキーだわ。

ちなみに。
マイケル・ジョーダンの場合は、太陽の配置も大飛躍に一役買ってくれています。

この火星は太陽にアスペクト。
月から見て太陽は10室支配星。
10室の仕事とも絡んでいます。

このおかげで仕事上での大ブレイクを引き起こす形になったわけです。

減衰のキャンセル。
時としてこんな感じでとんでもない大逆転と大飛躍をすることがあります。