ナクシャトラ:アラカルト

27星座とナクシャトラ

ナクシャトラとは?

「12星座って知ってます?」
そう聞かれたらどうでしょう。

「自分の星座だけは知ってる」
「知ってるけど全部は知らない」
「特徴は知らないけど聞いたことはある」

そんな風に答えてくれると思う。
それほどに12星座は有名。

「27星座って知ってます?」
そう聞かれたらどうでしょう。

「聞いたこともない」
「なんなの、それ?」

そんな風に答えるんじゃないかな。
わたしも初めは知りませんでしたしね・笑

牡羊座から魚座まで360度あります。
これを12で分けたのが12星座。
これを27で分けたのが27星座。

この27星座の事を『ナクシャトラ』と呼びます。

月のナクシャトラが重要

ナクシャトラは27個あります。
そして、それぞれのナクシャトラにはそれぞれ名前があります。

例えば。
牡羊座の0度から13度20分まで。
ここの度数にあるナクシャトラの名前を『アシュヴィニー』と呼びます。

太陽がこのナクシャトラに入っていれば
「太陽がアシュビニーに入っている」
というふうに表現します。

金星がこのナクシャトラに入っていれば
「金星がアシュビニーに入っている」
というふうに表現します。

でも。
普通そのパターンではあまり使われていません。

27星座で最も重要なこと。
それは【月がどのナクシャトラに入っているか】

何故なら。
月がどのナクシャトラに入っているかで、その人のダシャ(時期)の始まりの惑星と運気の流れが分かる、からです。

運気の始まりの惑星

ダシャ(時期)の始まりは人によって違います。

金星期のスタートの人もいる。
木星期のスタートの人もいる。
水星期のスタートの人もいる。

一体その違いは何なの?
自分はどの惑星からスタート?

それを教えてくれるもの。
それが『ナクシャトラの支配星』です。

先ほど述べた『アシュビニー』ならば、『ケートゥ』が支配(担当)しているナクシャトラです。ですからアシュビニーに月が入っている人は、ヴィムショッタリ・ダシャはケートゥから始まります。

ヴィムショッタリ・ダシャのスタートの惑星が分かれば、あとはダシャの流れで大きく運勢の流れを見ることが出来ます。

ナクシャトラには9つの支配星があるナクシャトラと9惑星 ナクシャトラと呼ばれる月の27星座。 これにはそれぞれ名前が付けられています。 そして、この27ナクシャ...
時期には流れと循環がある運勢には時期があり流れがある 大体の運命学や占いには時期をはかる技法がある。 そしてそれには基本的に『流れ』と『循環』というものがあ...