月の減衰キャンセルは8パターン・1

金星と火星がポイント

月は蠍座にいる時に減衰します。

月の減衰のキャンセルを見る場合。
2つの惑星に注目して下さい。

それは金星と火星です。

この金星や火星の配置や関連によって月の減衰はキャンセルされます

金星による月の減衰のキャンセル。
これが3パターンあります。

火星による月の減衰のキャンセル。
これが5パターンあります。

月の減衰キャンセルは、全部合わせて8パターンあることになります。

どんなパターンがあるか。
金星と火星のそれぞれの配置を見ていきましょう。

金星による減衰キャンセル

金星によって月の減衰がキャンセルされるパターンは3つです。

金星による月減衰キャンセル
  1. 金星がラグナ・月から見てケーンドラに在住
  2. 金星が月にアスペクト
  3. 金星が月とコンジャンクト

 

1・金星のケーンドラ

金星がラグナから見て、ケーンドラ(1室・4室・7室・10室)に在住している場合は、月の減衰はキャンセルされます。

同じように。
金星が月から見て、ケーンドラに在住している場合も、金星の減衰はキャンセルされます。

2・金星が月にアスペクト

金星が牡牛座に在住する場合。
金星は月にアスペクトします。

この場合。
月の減衰はキャンセルされます。

(※これは上記1番目の、金星が月から見てケーンドラに在住している場合、でもあります)

3・金星が月とコンジャンクト

金星が蠍座に在住する場合。
減衰の月とコンジャンクトします。

この場合。
月の減衰はキャンセルされます。

(※これも上記1番目の、金星が月から見てケーンドラに在住している場合、でもあります)