7室 人間関係・社会性

7室は自我と運勢に大きく影響 -1-

誰でも自分に興味がある

さて。
占星術で最も重要なハウスと言えば?

「基本の1室じゃないかな」
「10室はカルマで重要っしょ」
「9室の幸運は外せないよ」

そう。
いろんな意見があると思う。

でも、どんな人も。
本質的には自分自身に興味があります。

自分に興味があるからこそ。
悩んだり迷ったりするもの。

自分に興味があるからこそ。
よりよい方向に行きたいと願うもの。

だからこそ、すごく悩んだり迷ったりするワケです。

自分に対してあまり興味がなければ。
人はあまり悩まないし迷わない。

人ってのは面白いもので。
そういう心の構造(カラクリ)があったりする。

って事は。

自分にとって最も重要なハウスって。
1室と言えるんじゃないかな

なぜなら。
1室は自分自身を表すハウスだから。

あるいは。
1室は自分の運勢の基本になるハウスだから。

そんな1室(自我・運勢)に最も影響するもの。

それが7室にいる惑星です。
あるいは7室そのものです。

今回は7室の惑星に注目してみます。

4つのアスペクトの影響力

まず、惑星はアスペクトします。

そして。
アスペクトした先に惑星の影響を与える。
アスペクトされた側はその惑星の影響を受ける。

インド占星術にはそういう約束事がある。

この惑星のアスペクトの影響力。
これには4種類のパワーがある。

  1. 100%影響を与えるアスペクト
  2. 75%の影響を与えるアスペクト
  3. 50%の影響を与えるアスペクト
  4. 25%の影響を与えるアスペクト

基本はこの4種類のパワーでの影響力がある。

んでね。
今回注目したいアスペクト。

それが100%影響を与えるアスペクト。
惑星が最も強い影響を与えるパターンです。

このルールはいたって簡単。

惑星は7室目にアスペクトする時。
100%の影響力を及ぼす。

ってルールです。

人は人に最も影響を受ける

このルールから考えると。
7室の惑星は1室に100%の影響を与える。

そういう事になります。

1室は自我・人格・性格・運勢を示す。
7室は対人関係・社会とのつながりを示す。

ということは。

7室に惑星がいる場合

7室の惑星の示す意味を通して
人間関係や社会とのつながりの中で
自我・人格・運勢にとても強く影響する。

そういう事になります。

まぁ、分かりやすく言うと。

7室に惑星がいる人にとっては
人間関係が人格に強く影響してくる。

そういう事やね。

人って。
やっぱり人に左右されやすいんだ。

心理学だけでなく。
占星術でも、そう読み取れるんだね。

実に興味深い。