小ネタ:アラカルト

ジャガナタ・ホーラは設定を変えよう6 ラーフケートゥ2

どんな違いになるのか

さて一体どんな風に変わるのか?

では、この例題から。
その違いを見てみましょう。

んでね。
今回の例題のポイント。

それは【ラーフ・ケートゥ】です。

設定を変える前。
ラーフ・ケートゥの度数はこんな感じ。

赤いラインに注目してね。
ラーフは双子座の0度2分。
(ケートゥは射手座の0度2分)

ちなみに、補足として。

ラーフとケートゥの度数。
これは基本的に同じ度数になります。
ただしお互いが正反対の星座にいます。

ラーフ・ケートゥはそういう特徴を持ちます。

さて。
設定を変えた後。
惑星の度数はこうなりました。

牡牛座の29度47秒。
設定前と星座が1つズレています。

出生図で星座が違ってくる場合。
ほぼほぼ分割図では位置が変化します。

分割図も見てみると

そう言われても。
数字だけじゃ分かりずらい。

ってことで。
分割図のホロスコープも見てみよう。

設定変更前はこうなってます。

設定変更後はこうなります。

まだ違いが分かりにくいかな?

ラーフとケートゥ。
これ、赤い枠で表示してみますね。

変更前のラーフとケートゥ。
こんな位置にいます。

変更後。
こんな位置に移動しています。

すべて、位置が変わっています。

こうした場合。
かな~り運勢が変わります。

全体運(Rasi)
兄弟運(Drekkana)
子供運(Saptamsa)
結婚運(Navamsa)
仕事運(Dasamsa)
両親運(Dwadasamsa)

それぞれの意味合いが変化しちゃう。

どれくらい変わっちゃう?

では。
このミーンノードとトゥルーノード。

一体、どれくらい度数が変わってくるのか?

試しに色々なホロスコープで検討してみた。

度数のズレ幅が大きい場合。
1度40秒くらいはズレるみたい。

数字だけだと、分かりずらいね。

1度40秒ズレている場合。
分割図ではどれくらいの確率で位置が変わるのか?

例えば。
結婚運や深い意識を見る場合。
ナヴァムシャという分割図を使う。

このナヴァムシャでは。
50%の確率でラーフとケートゥの位置が変わる

例えば。
仕事運を見る場合。
ダシャムシャという分割図を使う。

このダシャムシャでは。
67%の確率でラーフとケートゥの位置が変わる

もっと細かい分割図。

例えば、D20・D40・D45・D60。
これは100%ラーフとケートゥの位置が変わる。

これ、かなり変化率が高いよね。

こうした事を考えると。

ミーンノードにするのか。
トゥルーノードにするのか。

その設定が違うだけで。
かなり運勢を違って読めてしまう。

だから。
このラーフ・ケートゥの度数設定。

かなり重要になってくるんだよね。